Raw Therapee

Mac用Raw Therapee

デジタル一眼レフなどで撮影するRAWデータの高画質現像が可能な無料のMac用RAW現像アプリ

Raw Therapee(RAW セラピー)はRAWデータの現像を行える無料のMac用アプリです。デジタル一眼レフカメラの普及などで写真をJPEGなどに圧縮するのではなく電子信号のままのRAWデータで撮影するユーザーも増えてきました。RAWデータを画像として見るには現像アプリによる現像処理が必要ですが、Raw... 完全な説明を見ます

賛成票

  • 無料のMac用RAW現像アプリ
  • RAW現像で色相や階調など詳細な設定が可能
  • カットや回転など編集機能を備えている
  • PhotoshopやGIMPとの関連づけができる

反対票

  • 動作がやや遅い
  • 写真にこだわらないユーザーにとってはやや設定が面倒

とても良い
8

Raw Therapee(RAW セラピー)はRAWデータの現像を行える無料のMac用アプリです。デジタル一眼レフカメラの普及などで写真をJPEGなどに圧縮するのではなく電子信号のままのRAWデータで撮影するユーザーも増えてきました。RAWデータを画像として見るには現像アプリによる現像処理が必要ですが、Raw Therapeeを使うとこの現像処理に加え、様々な編集作業を簡単に行えることが特徴です。現像処理そのものに手を加えられることでより豊かな写真表現が実現できますので、デジタル一眼レフユーザーなど写真好きの人はぜひダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。

Raw Therapeeは無料の高機能RAW現像アプリです。デジタル一眼レフなどで撮影できるRAWデータは写真の色味や階調表現などを加える前の電気信号の記録で、写真として見るためには現像アプリにより色や階調の表現を設定しなければなりません。一方で一般のデジタルカメラのようにカメラまかせの自動設定では表現できなかった色や階調表現を思いのままに作れますので、独自の豊かな写真表現を演出できます。

Raw Therapeeは無料ソフトながら他の現像アプリなどと比べても詳細な編集や調整を行いながら現像できることが特徴です。色相、彩度、明度などをトーンカーブなどを使いながら簡単に設定できるほか、カラーノイズの補正やレンズの色収差の補正なども行えます。またHDR(ハイダイナミックレンジ)写真の作成などが行えるのも魅力です。切り抜きや回転などの編集作業も行えます。PhotoshopGIMPなどに関連付ける機能などもあり、簡単に本格編集を行うことができます。

Raw Therapeeは非常に高機能のRAW現像アプリですが、全体的に処理動作が遅めですので他のアプリなどを終了させてから利用する必要があります。また現像の自由度が高く設定項目なども多岐にわたりますので、それほど自分好みの写真表現にこだわらないユーザーにとっては面倒かもしれません。現像処理については自然でやわらかい表現ができる一方でどちらかというとぼんやりした表現になりがちですのでくっきりした派手な表現が必要であれば、有料ですが写真の本格編集作業などが可能なAdobe Photoshop CS5 Extendedなどで手を加えてみるといいでしょう。

Raw Therapeeは詳細な設定が可能な無料の高機能RAW現像アプリです。RAWファイルはMac標準のiPhotoで閲覧できますが独自の画質調整で写真を楽しみたい人などにはぜひダウンロードをおすすめします。

Raw Therapee

ダウンロード

Raw Therapee 4.0.12.140

ユーザーレビュー

スポンサー×